風俗嬢に逢いたくて何度も利用

Gカップの爆乳風俗嬢が激エロ

デリヘル 五反田
Gカップの爆乳風俗嬢が現れました。先日の夜、僕は五反田のデリヘルに連絡して、店長に「巨乳の子をお願いします」と予約しました。ホームページで確認してから指名するのも良かったんですけど、それだと味気ないじゃないですか。そこで、期待しながら待っていると、風俗嬢が到着。服の上からでもかなり主張してくるおっぱいでしたよ。最初は胸ばかりチラチラ見てしまって、デリヘル嬢も「そんなにおっぱいが見たいの?」と誘ってきます。「うん」と生唾をゴクリとすると、彼女は裸になってくれました。ただ、まずはシャワーってこともあって、プレイはお預けです。その状態のままシャワーに入って、僕も身体を洗ってもらいました。もう我慢できなかったので、すぐにベッドに来てもらって、そこで手コキやフェラでたっぷりと抜いてもらいました。こんな快感、久々だったなと思います。次は色々と我慢したいですし、オプションとかもプレイしたいので、もっと慎重にプレイしてみたいところです。

短気そうでしたけどそうじゃなかった

何となくですけど、ご対面したデリヘル嬢は短気そうな雰囲気がしたんです。イライラしているというか、明らかに不機嫌というか。だから、正直チェンジしようかなって思ったんです。無理に利用しても仕方ないじゃないですか。それに風俗ではチェンジは与えられた権利…というか、特にデリヘルの場合チェンジはそこまで珍しいものではないですしね。チェンジしようか本当に迷っていたんですけど、彼女の方から話しかけてくれたんです。しかも指名してくれてありがとうございますと。ぼそぼそと喋っている姿を見て気付きました。彼女は怒っているとか短気そうとかではなく、緊張しているだけなんだなって。極度の緊張がそういった形になっているだけなんだなと。それが分かったので普段よりも長めにいろいろな話をしました。それが功を奏したのか次第に彼女の表情も柔らかくなっていって、なかなか濃厚な時間を楽しむことが出来たんじゃないかなって思っています。

雰囲気が好きなのはデリヘル

風俗の中で「雰囲気」という点からもデリヘルが一番好きなんですよ。デリヘルの雰囲気って、あまりサービスを利用している感のようなものがないじゃないですか。それこそ女の子とデートをしているかのような、プライベートで女の子との時間を楽しんでいるかのような時間を過ごしているんじゃないかと思うような気持ち。あれは他の風俗にはない、デリヘルだけの特徴というか「特権」かもしれないですね。店舗に行くと受付を済ませて女の子とご対面して…という手順なので、楽しさはありますけど、ただプライベート感のようなものはないですよね。でもデリヘルだと場所だってホテルが多いのであまり「お店のサービスを利用している」とは思わないですよね。その雰囲気こそ、自分が求めているものなんじゃないかなと思うので、何となくデリヘルを利用する回数が増えていますね。まぁ単純に雰囲気とか抜きに、電話すれば女の子が来てくれるので面倒がないって点も大きいですけど(笑)

ウエストのくびれこそ大切なんです

ウエストのくびれこそ、自分が風俗嬢に求める何より大切なものと言っても過言ではありません。はっきり言ってしまえば、自分はバストとかあまり興味がないんです。どれだけ引き締まったウエストをしているのか。ここが何よりのポイントなんじゃないかなと思うんですよね。だから引き締まったウエストの風俗嬢を選ぶようにしています。前回お世話になったFというデリヘル店のCちゃんもそうです。彼女のウエストのくびれは芸術と言っても過言ではないレベルでしたね。引き締まっているだけではなく、若さもあって肌そのものにも張りがあるんです。あれぞ理想のくびれだったかもしれません。年齢と共にどうしても衰えが出てしまうものです。それもそれで味があるかもしれませんが、お金を出して楽しむ以上、素晴らしいなと思えるものを楽しみたいじゃないですか。それは自分にとって張りのある素晴らしいくびれだと思うので、前回の彼女のようなボディは本当に素晴らしいなと。

恋人よりも好みのタイプの風俗嬢

いつもは仕事の休みの日に彼女とあって適度にエッチをして性欲処理をしている。彼女のフェラやテコキでも十分気持ちがいいし、一生懸命俺のためにやってくれているのが伝わってくるから満足はしているんだけど、次の日に仕事がある時だけは性欲処理に困っているんだ。単純にオナニーで我慢していればいいだけの話なんだけど、たまに無性に女性の体が恋しくなる時があって、そんな時はデリヘルを頼んで風俗嬢を家に呼んでいる。ただ、恋人が家に来ないのを確認した時じゃないとデリヘルを使っているのがばれてしまうので、そこだけはすごく注意をしているんだ。もし恋人と風俗嬢がバッタリ会ってしまうと双方が不幸な想いをするだけだし、好みのタイプの風俗嬢に嫌な想いだけはさせたくない。恋人のほうが大事じゃないのかと言われてしまいそうだけど、好みのタイプの女の子とエッチをしてから恋人よりも風俗嬢のほうが大事になった。なんやかんや言っても、好みのタイプの女の子が一番だよ。

人妻とのリアルな時間はデリヘル

人妻という存在そのものが風俗の世界ではリアルというか、サービスという枠を超えてまるでプライベートで不倫をしているかのような気持ちを楽しめる存在だと思うんですよ。そしてデリヘルもまた、プライベート感が売りの風俗なのでこの両者がコラボレーションすると破壊力は相当なものになりますよね(笑)人妻というリアル。デリヘルというリアル。この二つが重なる時間は、まるで不倫をしているんじゃないかと錯覚させてくれるほどリアルな時間になります。それが癖になったので、自分も最近ではデリヘルを利用する機会が増えているのかなとは思いますね。リアルな方が気持ちがこもるじゃないですか。感情移入というか、気持ちが入ると興奮も高まって、結局快感も更に素晴らしいものになっていくと思うんですよ。つまりは人妻デリヘル嬢という存在は男に大きな感動をもたらしてくれる存在と言っても決して過言ではないんだなって。理屈としてもよく分かる話ですよね。